2013年08月09日

レズってた相手が実は男だったときの話をする【PART1】

1: 私事ですが名無しです 2012/11/16(金) 13:29:13.81 ID:n3+SVngB0

需要あるのかな?

立ったら書く。


2: 私事ですが名無しです 2012/11/16(金) 16:47:14.25 ID:2EeMMPmRO

面白そうやんけ
はよ続き書けや


3: 2012/11/16(金) 17:59:33.62 ID:n3+SVngB0

いろいろあってPC違うからIDも違うけど1だよ!

書き溜めしてないしスレ立て初めてだから
遅くなるけどそれでもいいならw

まずスペック晒し。

当時(といってもほんの一年前ww)

私♀
きゃりーぱみゅぱみゅに似てると言われるから
ここではぱみゅでww
19歳女子大生
身長155センチで体型は普通だと思いたい。
茶髪のセミロング

相手♂(男ということは最近まで知らなかった)
深田恭子に似てるからここではきょんとしようww
19歳大学生
身長は自称165だけど絶対あれは175センチ
体型は普通だけどちょい男っぽい感じで関節とか太い。
茶髪のボブヘアー

きょんの見た目は完全に女の子ww
しかも超絶かわいい。
深田恭子にそっくりで何度も言うがめちゃめちゃかわいい。


4: 2012/11/16(金) 18:04:59.10 ID:n3+SVngB0

まずは出会いから書く。

今から約1年前にきょんと初めて出会った。
学校帰りのバスの中できょんを初めて見て
その可愛さについ話しかけてしまったww

スクールバスだったから同じ学校確定だし
普段そんな人見知りもしないから
そのへんのナンパの人みたいに声をかけたww

私「隣座ってもいいですか?」

きょん「あ、はい!」

もうこの瞬間きょんが可愛すぎてやばかった。
こんな美人うちの学校にいたんだーとか思いながら
とりあえず話を続けてみた。


5: 1 2012/11/16(金) 18:11:27.60 ID:n3+SVngB0

とりあえず話していくうちに同じ学年だと判明した
偶然に趣味や好みまで似ていて初対面なはずなのに
意気投合したww

きょんの第一印象は可愛いのはもちろんだけど
なんか変わってたような気がする。

とりあえず声。
普通の女の声というより、無理して出してる感満載の声。
まあ可愛い子は声にも気を使ってるんだなwwとか思って
そのときは特に気にもしなかった。

そして喉を隠すようにしっかり巻いたストール。
これもファッションだと思ってたから特に気にしなかったけどw

最後に指。
指フェチな私から見るときょんの指は男の指そのものだった。
顔に合わずこんな指してるんだーって印象的だった。


6: 2012/11/16(金) 18:17:24.19 ID:n3+SVngB0

初対面なのに意気投合したこともあって
その場のノリできょんとそのまま遊びに行くことになった。
適当に街をぶらつく感じで。

このとききょんと話したのは主に恋愛話。
聞くときょんはこれまで一度も彼氏がいなかったらしい。
こんな可愛いのに!?と私は信じられなかった。

ちなみに私は今まで普通に恋愛してきたし
普通に彼氏もいたことがあった。
その話をするときょんは食いつくように興味津々で聞いてきたのを覚えてる。

あ、さっきも書いたけど
もともと私はノーマルだから
それまで女の子を好きになったこともなければ
恋愛対象として見たこともなかった。

とりあえずきょんとはこの日はほぼ恋愛話で
適当に遊んだあと解散した。


8: 私事ですが名無しです 2012/11/16(金) 19:46:06.93 ID:2EeMMPmRO

きょんのおちんちん見たんか?


>>8
いや見てないけど後に本人から男だって聞かされた。
きょんは手術とかしてないし戸籍もいじってないからほんとに性別上は男。


11: 1 2012/11/16(金) 22:01:01.93 ID:???0

続き書くので生暖かい目で見てくれたら嬉しいなww


それから決まった曜日に学校が早く終わるからきょんと毎週遊びに行った

趣味が合うからきょんと何軒も店をぶらついても飽きないし、ご飯食べながら話したりするのはとても楽しかった

遊ぶ回数が増えるにつれてよそよそしかったきょんの態度もだんだんとフレンドリーになっていって、それが嬉しかった

「ぱみゅちゃんみたいな友達が出来てほんとに嬉しい」って言ってくれたし。


12: 1 2012/11/16(金) 22:17:14.07 ID:???0

きょんと仲良くなって一ヶ月くらい経ったころかな

この頃はまだ恋愛感情というより友達!って感じでしかきょんを見てなかった

ただ出会って一ヶ月なのにスキンシップは激しかったwww

といっても私から一方的にwww

きょんを学校で見つけると駆け寄って抱きついたり、驚かすように後ろからぎゅってしたりww

そのたびにきょんは嬉しそうに笑ってくれた
今思えば苦笑いだったかもしれんwwww.

でもきょんから
「ぱみゅちゃんといると落ち着くし、ぱみゅちゃん良いにおいするーwww」
って言われてクンカクンカされたりしたことも頻繁にあった

だきついたときにいつも思ってたこと

あれ?胸ねえwwwwwwwwwwww


13: 1 2012/11/16(金) 22:32:26.03 ID:???0

まぁ自分みたいにきょんも貧乳なのかwwと勝手に自己解決してたから気にもしなかった

きょんと出会ってからずっと「今日はきょんに会えるかなー」とか「きょんと次どの店いこうかなー」とかきょんのことばかり考えてた

メールに反応してしまうし楽しいことがあると「こんなとききょんも居たらなぁ」って思ってたりもう完全に恋する乙女状態ww

きょんはきょんで
「ぱみゅちゃんは昔好きだった子に似てるしネコみたいで可愛い(*´∀`*)」
って私を可愛がってくれた
「じゃあきょんが昔好きだった人は女の子みたいな顔なんじゃないのww」とか冗談っぽく言って笑ってた

きょんと出会って三ヶ月くらいが経った頃には私がきょんと居たいがために授業サボってきょんのクラスに忍び込んだり、とにかくべったりだった

ちょっとのことできょんにヤキモチ焼いたりしてた
だからこの頃にはもう自分はきょんのこと恋愛対象として好きだって思ってるんじゃないのかなって感じてた


14: 1 2012/11/16(金) 22:41:45.84 ID:???0

初めはその気持ちを必死に抑えてた
だってきょんは女の子だし自分も女
女の子を好きになったこともなかったしこのまま好きになっても立場上絶対辛くなるだけだと思った
けど日に日にきょんへの思いは強くなる一方で、自分でも押さえられなくなって開き直ったww

女の子好きになってレズになったっていいじゃねーかww
だってきょん可愛いんだもんww
好きなものは好きなんだよwww
って開き直ったら後は早かった

私「きょん〜だいすきv」
きょん「私もぱみゅちゃん好きだよーv」

冗談のつもりで言ってたのかもしれないけどこんなやりとりが会うたび続いたww

本気になって告白なんか出来ないと思ってた
きょんに思いを伝えてしまうとやっぱレズということで彼女を変な気持ちにさせてしまうかもしれない不安と偏見に対する恐怖があって絶対言えなかった

少女漫画とかでよくある「思いを伝えてこの関係が壊れるなら告白なんかしない」みたいなフレーズを痛いほど感じた


15: 1 2012/11/16(金) 22:51:37.79 ID:???0

人いないけど書くとき今しかないので書きますww



そんなある日のことだった

学校の友達に「最近きょんさんと仲良いみたいだけどあの子変わってるよね。ウワサとか色々あるし」みたいな話をされた

詳しく聞くとどうやらきょんのクラスの数人がきょんに対して男疑惑を持っていることと、本当は男なんじゃないのかっていう勝手なウワサが流れているとのこと。

ウワサの原因はやっぱきょんの関節が女にしては太くホネホネしているところから始まって、身長も女にしては高いし、声だって作ったような不自然な声・・・みたいな感じで、掘り起こすとそういえばって感じでどんどん男疑惑が高まっていったようだった

きょんは夏のクソ暑い日も必ず首を隠すマフラーやストールを忘れず半袖は絶対着ないし生足も出さないからそれは喉仏と手足の毛を隠すためだとウワサされ、名前も偶然?に男でも女でもどっちでもいけるような名前だったからそれも男疑惑に拍車を掛けてたみたいだった

友達にそれを聞いて、まさかーwwとか言っておいたけど正直思い当たることがありすぎて焦ったw


17: 私事ですが名無しです 2012/11/17(土) 00:25:31.25 ID:???0

女の子として学校で過ごすってのは、相当な気合が必要だし
交友関係としてかなり難しいよね。

私の時代は性別隠すなんてことは不可能だったからどうだかわからないけれど
学校での生活は相当な覚悟がないとできないとおもうよ。


19: 1 2012/11/17(土) 07:23:36.67 ID:???0

見てくれてありがとうw
まとまりの無い文章だけど頑張って書きます!


友達から聞いた話を間に受けて完全に私まで疑惑を持ってしまった
でもきょんが男なんてそんな漫画みたいなことあるわけないと思ったし、性別隠して学校に通って普通に生活とか出来るわけないじゃんwwって思うようにしてもう考えないようにした


そんでいつものようにきょんに会いにクラスに行くんだけどきょんの姿が見当たらない

あれー今日休みなのかなーって思って仕方なくその日は授業を終えて学校が終わってしまった

きょんのこと大好きだったし、会えなければなんだかどんどん会いたくなってしまった

だから前に聞いといたきょんのバイト先に客として遊びにいくことにしたww
もちろん連絡なしで。
驚かしてやろうwwwって


20: 1 2012/11/17(土) 07:42:43.92 ID:???0

で、きょんのバイト先に行った
ちなみに普通の飲食店w
でもそこにもきょんの姿は無かった
小さい店だし今日バイトって言ってたから必ず見つかると思ってたのにいなかったから休憩中かと考えた

きょんのバイト先は学校から電車を乗り継いで二時間かかる遠いところで、きょんの地元だった
ここまで来たのになーとか考えしまったw
で、仕方なく注文したチョコパ(笑)を食べながらぼーっとしてた
そしたら厨房の中から店員の話す声が聞こえた
会話ははっきり聞こえなかったんだけど

「ぱみゅちゃんに今日会えなかったー」
ってのははっきり聞こえた

きょん!?って思って厨房を覗いてみた
せまい店だったから普通に覗けたww
するとそこには長身のイケメソが立ってた
店員のおねーさんと

あれ?確かにきょんの声がしたのに…
って不思議そうにしてたら
イケメソがぎょっとした顔で不自然に顔を隠すように背中を向けた
髪型は無造作に髪を結んでいたけどこれはきょんのボブに似てると感じた

「え、もしかしてきょん?」
と声を掛けるとイケメソはうなだれながら振り向いた


21: 1 2012/11/17(土) 07:46:52.00 ID:???0

「ぱみゅちゃん〜…orz」

なんとイケメソはすっぴんのきょんだったwww

私「え!?ほんとにきょん!?なんか、違うねwwwwwえwwwすっぴんwwwww」
って笑ったけど内心バクバクだった
だってどうみても男
すっぴんだからかいつもの面影はなく、無造作に結んだ髪も配達員のにーちゃんみたいな感じをかもしだしてて、声もなんか違ったwwいつもの可愛い声じゃなかったwwなんかww低かったwww
それに椅子に座ってたんだけど足全開wwwwこんなのwwwwいつものきょんじゃないwwwww

きょん「…はぁ…見られちゃったかー」

私「きょんwww信じられないwww」

友達を話を聞いたあとだったので疑惑はさらに高まったwww
けどまだこの段階でもそんなことありえないと思ってたし、女子のすっぴんにはよくあることだwwって思ってきょんが本当に男だなんて信じなかった
だってすっぴんなだけできょんだしww
とか意味わからんこと考えてww

き「なんで急にきたの?」

私「きょん驚かしてやろーって…なんかゴメンww」

き「いや…いいよ?(どう見ても落ち込んでる」

私「えっ、なんで落ち込むのwwすっぴん見られたから?大丈夫wwよくあることだよwww」

みたいなこと言ってその日はきょんの姿が衝撃的すぎてあんま会話は覚えてない
とりあえずうちに帰ってすぐ寝たww
寝る前に性同一性なんたらを調べたww
でもわからなくてすぐ寝たww


22: 私事ですが名無しです 2012/11/17(土) 11:20:42.22 ID:xRVg3lxGO

とりあえずぱみゅちゃんのおっぱいうp


>>22
おっぱいうpしたことないからわからんがこれでいいの?
http://i.imgur.com/jGdmI.jpg



25: 私事ですが名無しです 2012/11/17(土) 19:10:10.54 ID:???0

なんか他人事じゃないな、でも女子大は女装子入れないか。ぱみゅさんは共学?


>>25
一応うちは女子大です!
けど交流をテーマ?にしてるとこだからか男の留学生もたくさんいるし、申し込みすればいつでも他学の人がうちで授業一緒に受けられるww
だから見た目はほぼ共学。
ちなみにきょんはうちの大学在学だよ
これも後に気になって調べたんだけど女子大でも男として入学出来るとこいくつかあるらしい
ただ公言はあまりされてないらしいです!
うちの学校が果たしてそれに該当するのかはわからんがww


33: ぱみゅ 2012/11/17(土) 23:48:04.11 ID:???0

胸はコンプレックスだからこのへんで勘弁してくれwwww

続きだらだら書く

あのあと何か気まずさもあってきょんに何日か会わなかった
そしたらきょんが初めて自分から私に会いにきてくれた
そん時はいつもと同じバッチリメイクと髪型で数日前に見たイケメソの面影はどこにもなかった
それでちょっと安心したw

挨拶とかははぶいていきなり会話になるけど

きょん「ぱみゅちゃんに言ってなかったことがあって…」

私「うん」

きょん「私ね、病気なんだ。病気で男性ホルモンが人より多くて、だからこんな見た目なんだよーww」

みたいな話になった

確かに普通の女の子より肩幅広くて関節太くて背も高くて怪しいとこいっぱいあったけど
「えwww別に普通に女の子じゃんwww」って言った
そしたらきょんはどこかほっとしたように笑ってた
そんでもってこれがきょんの口から聞かされた真実だと完全に信じ込んで自分の中での疑惑は消えたww単純乙ww
他人のウワサより本人の一言を信じるなんてありふれた話だよね?

あ、ちなみに後から知ることになるけどもちろん病気のことはウソだったwww
というか男性ホルモンが人より多い女、じゃなくて女性ホルモンが人より多い男だったwwww
だからその病気はガチ


38: ぱみゅ 2012/11/18(日) 07:43:57.33 ID:???0

続きー

んでまぁきょん本人の言葉をしっかり間に受けてしまった私は、彼女に対する疑惑がすっかり無くなってしまった
だって本人が言う=本当だと信じて疑わなかったバカだったしそもそも女子大に在籍なんか出来るわけねーじゃんwwww
漫画じゃないんだからさwwwwと思い込んでたから

それからまた何と無くぎこちなかった感じもすぐに無くなっていつも通りの二人になった

ある日きょんから誘われて、初めて二人で晩ごはんを食べに行くことになった
場所は街のオシャレな店
ビルの屋上で雰囲気も良かったしなにしろきょんとの初めての晩ごはんということもあって私は完全に浮かれてた
今まで昼ごはんはあっても一緒に晩ごはんは食べたことなかったし

そんでお店に入って二人で仲良くゴハン食べてた
きょんに「はい、ぱみゅちゃんあーん」とかされて初めてのことに戸惑いながらパイナップル食べたwwwwうまかったwwww


39: ぱみゅ 2012/11/18(日) 07:53:49.07 ID:???0

そんな感じで仲良く食べてたら一緒の店で食事してた三つ上くらいの男のグループに絡まれた
二人一緒の写真取らせて欲しいって頼まれたけどお前ら誰だよwwwwwなんで写真wwwwww状態で私が断った
たぶんきょんぐらいの美人、そうそう居ないから撮りたかったんだろう
私はそのオマケwwwww

で、断ったにも関わらずしつこく撮らせて撮らせてって頼んでくる
だから強めに断ったんだけど全く聞かず。
それどころか強引に立ち位置やポーズまで指定してくるwwww
ちなみに夜景をバックに二人が手を組んで〜みたいな感じだったww

断ったらやっと諦めてくれたんだけど今度は自分プラス私たち1人ずつと撮影会したいとか言い出したwwwww
雰囲気が普通のリア充みたいな感じだっただけに私らはドン引き。
もちろん断ったけどやんわりしか断れなかったきょんが捕まってしまって強引に撮られてしまった

それを見た私は完全にキレたwwww
だって私とも撮ったことないのにお前wwwwwってなってきょんを無理やり引っ張って会計して店をすぐ出た

デザートのケーキ食べ損ねた…(´;ω;`)


40: ぱみゅ 2012/11/18(日) 08:02:49.95 ID:???0

店を出て街からちょっと外れた薄暗い道を二人で無言のまま歩いてた
完全にヤキモチ焼いてたしさっきのリア充にイライラしてたから私は無言で、きょんもそれに気づいてたのか無言だった
そもそも私はきょんの恋人でもないのになんでヤキモチ焼いて機嫌悪くしてきょんに気を使わせてるんだろう。そんな資格ないし…と考えて悲しくなった
気を使って黙っているきょんを見ると涙が出てきた

き「え、どうしたの!?」

私「…ごめんねきょん〜…(´;ω;`)」

き「なんで泣いてるの?」

私「きょんにヤキモチ焼いてしまった…。あ!私ってすぐ女友達を人に取られるとヤキモチ焼くんだwww」

一応保険の言葉を付け足しといたwww

き「そういうことあるよね。私もヤキモチだらけだよ」

その言葉を聞いて、私はきょんが過去にそうやって思いを寄せていた相手がいたんだと勝手に思ってまた悲しくなった
そして勢いに完全に乗ってしまった

私「違うよ!!私はそのきょんがヤキモチを焼く人がいるってことにもヤキモチ焼いてんだよ〜(´;ω;`)」


41: ぱみゅ 2012/11/18(日) 08:13:44.93 ID:???0

き「えっ…?」

私「きょんのこと大好きなんだよばか〜(´;ω;`)」

我ながら情けないがこれでも一応告白のつもりだった
でも好きとかいつも冗談まじりで言ってたからそれも多分冗談だと受け止められたww

き「ありがとうww」みたいな感じで笑われて、私はなんか恥ずかしくなって涙が止まってしまったwww
それと同時に、軽い告白だったとは言え流されたのがショックでその後の言葉も言えないでいた
そして帰りの電車の駅まで行って、ホーム違うのに私が電車ちゃんと乗るまできょんはついてきて見送ってくれた
まだ出発まで時間があったから、開いたままのドアを挟む形で私は電車、きょんはホームに立ったまま「明日も学校だねえー」とか言いながら出発の時間を待ってた

こうして話してるとさっきまでのことがウソみたいだった
いやもうウソにしてほしかった
そう思ってるときょんが今まで見せたことのない顔で見つめてきた
どこかさみしそうで、思いつめた顔だった

私「どうしたの?」

き「…帰らせたくない…」

小さい声だったけど確かにそう聞こえた
私はビックリした

私「えwwwwじゃあこの電車降りるからきょんの家とめてwww」

き「それはできないwwww」

電車は出発した


っと、今から一日中バイトだから次の書き込みは夜になりそうです><


42: 私事ですが名無しです 2012/11/18(日) 11:06:54.05 ID:3GGFpplNP

おもしろくなってきたo(*≧∀≦*)o


48: ぱみゅ 2012/11/18(日) 22:09:50.37 ID:???0

続き。

きょんと解散したのは夜の11時くらい
二人で初めてこんな遅く遊んだからか、電車が出発する前に何度も私を心配する言葉をかけてくれた
「女の子1人でこんな遅くに心配だなー」とか「無事帰ったら連絡ちょうだい」とか「連絡なかったら何かあったとみなすからねww」とか何度も言われた
「きょんも女の子じゃんww」って言ったら「私はいいの」って言われた(´・ω・`)

そんで電車は出発して、無事私は地元の駅についたんだけどそこから家に帰る途中、変なおにーさんに絡まれた
カラオケいかない?とかまぁそういう感じ
一言も発さずその場からうまく逃げたけど内心心臓バクバクだった
怖かった

すぐに駅に引き返して迎えにきてもらって無事帰ったけどww
その夜きょんにメールした
確か「無事に帰宅したよwwでもきょんがうちにとめてくれなかったんで変な奴に絡まれましたー(−_−#)」みたいな感じで。
冗談で送ったつもりだったのに、返ってきた返事は「なにそれ?許せんありえん」みたいなメールでちょいびびったww

ちょっとこれはきょんも私のこと好きなんじゃねwwwww?とか自惚れながら眠りについたwwwww

すっかり告白なんかも無かったこと状態になってたww
まぁあんな告白じゃそうなっても仕方ないか。


49: ぱみゅ 2012/11/18(日) 22:23:08.28 ID:???0

またまたある日、いつものようにきょんと二人で遊びに行ってた
その日は私がバイトがあるからすぐに帰らなきゃならない日だったけどきょんと少しでも長くいたいから時間ギリギリまで一緒にいた

クレープ食べたいねって私が言ったら、じゃあ食べようよー!二人でひとつ買ってさwwみたいな流れになってワリカンでクレープひとつ買って二人で仲良く食べた
私がクレープ持ってたんだけどきょんが、「こういうのって二人で一緒に持ちながら食べるんじゃない?」って言ったから二人でクレープ持って食べたww
幸せだったけど他所からみたら完全に…ww
そんなことその時は気にもせず仲良くモグモグしてた
途中からめんどくなって片方がクレープ持ってもう片方がかぶりつくということになってたww
そんでいろいろ話した

きょん「…あのねー、ぱみゅちゃんと友達になれて本当に良かったと思ってるんだよー?」

私「なに急にww私もだよww」

き「ぱみゅちゃんは普通に男性を好きになって、普通に結婚して幸せになるよねー」

私「えっ?」

き「でも私は出来そうにないなー」

私「えっ、大丈夫だよww恋愛できるよww」

き「…ムリだよ」

私「なんで?」

き「……なんでかな!…それはね、私が女の子も好きになるからでしたーww」

私「えっ!」

バイトの時間がせまってきたけど私は構わずきょんの話を聞いていた


50: ぱみゅ 2012/11/18(日) 22:35:12.76 ID:???0

私「なにそれww女の子好きなんだ?」

き「あー!やっぱぱみゅちゃんに言うんじゃなかったー。ぱみゅちゃんそういうの嫌いそうだもんね」

私はいろんなことを考えていた
まず、きょんは今女の子を好きなのか
だとしたらそれは自分じゃない誰かなのか
そして女の子好きなレズだということカミングアウト→やっぱりきょんは100パーセント女の子確定ww

そのせいで特に返事もなく黙っていた私にきょんは「ほらやっぱりー」とか言ってたからとりあえず否定はしといたww
「いやでもそういう人もいるからね〜。偏見はないよ!」って適当すぎる言葉だったけどw

その言葉を聞いてきょんはクレープを食べるのをやめて横に並んで座っていた体をこっちに向けて言った

「好きなの…!」

これは完璧きょんからの告白と受け取っていいんだよな?
って思ったwwというかそうだろwww
でも私は急なことに驚いてとっさに返事が出来なかった
いつもみたいな冗談とは違った本気な声と顔でなぜだか急に私は怖くなって必死にごまかしてしまったww
自分乙www

恋愛において素直になれない人って、心と体が正反対に動くんだなってこのとき思った

私はバカだったから聞こえないふりをしてちょっと残ってたクレープを完食して「バイトの時間過ぎてるわやべーわwwww」って言ってきょんと別れた
きょんは「あっじゃあバイバイ」ってあっさりな感じだった
顔は怖くて見れなかった

バイトに向かう電車の中で私は酷く後悔した
怖かったとはいえきょんの気持ちを踏みにじったようなことをしてしまったことと、あのとき自分も素直に気持ちを伝えれば少しは状況が変わってたんだろうな…とかそりゃもう後悔だらけだった


54: ぱみゅ 2012/11/19(月) 20:22:08.39 ID:???0

書くの遅くなってゴメンね!
いつもと変わらずダラダラ書きますw

その後バイトしながら一生懸命考えた
きょんの言葉は告白にしか聞こえなかったからそうすると私たちは両思いってことになる
だけどそのことは素直に喜べなかった
だって二人とも女の子(だと思ってた)し、そうなるとこのままくっつくのは果たしてお互いのためになるんだろうか…とかそんなことまで深く考えてしまった
両思いということは本当に嬉しかったけど私はきょんに悪いと思いながらも二人の未来が見えないと思った
普通に恋愛して、結婚して、子供作って、家族になる…そんな普通の未来がきょんとは見えなかった
こんなこと考えるなんて私はなんて気が早いのwww
けどきょんとずっと居られるなら私は自分の「普通」の未来はいらないと思えた
それくらい自分の中ではきょんの存在が大きくなってたし、本当に大好きだった

まじで気が早かったかもしれんがそんなことばっかり考えてたww

そしてその日はそんなことばかり考えて一日が終わった
きょんからも特に連絡はなし。
だけど某SNSのリアルタイムの呟きに、私と別れた直後に「さみしいけど我慢(>_<)バイト頑張って! 追記:明日から休日だー。休日だと会えないからいやだな…(´・ω・`)」と呟かれてた
文面は違うけどたしかこんな感じ

「私のこと?www」ってコメントしたらすぐ返ってきて「そうだよ(>_<)」ってきたww
舞い上がってスクショまで撮ってしまったwww


55: ぱみゅ 2012/11/19(月) 21:03:20.14 ID:???0

そんで休日も終わっていつも通り学校。
私はそれまできょんの授業に忍び込んだり遊びに行くために授業サボったりしてたからどの授業も単位がやばかった
これ以上休めない状況になってた
これじゃ自分がダメになる。そんなこときょんが知ったら悲しむ。そう思って私は気を引き締めることに決めた
授業は絶対サボらない(ていうかサボれないww)と決めてからその一週間、全くきょんに会わなかった
きょんは「今日学校休みなの?」って毎日メールしてきてくれた
けど適当に「レポートやばくてさ〜」みたいにごまかして必死に授業受けてたww

その一週間、きょんは毎日私に会えないことをさみしがるような内容のことばかりSNSで呟いてた
嬉しかったww
でも私のこんな態度のせいできょんの告白もほとんどなかったことのようになってしまってた
私もあえて踏み込まなかったし、きょんからも特になにもなかった
だからなにひとつ変わらない関係のまま夏休みを迎えてしまった

必死に勉強した甲斐あって(?)単位は二教科落としただけで済んだ
開放感で夏休み初日を迎えたw

そんなとき、きょんから遊びのお誘いがきた
遊びの内容は映画w
何気に休日に二人で待ち合わせて遊びに行くのは初めてだったから嬉しくて即okした
きょんとちゃんと会うの久しぶりすぎてちゃんと接することできるか不安だったけど当日になって待ち合わせ場所で待ってたきょんを見てそんな不安も吹っ飛んだww
そうそう、この日のために勇気出して生足出したショーパン履いてメイクも夏メイク(笑)というものにチャレンジしてみたんだけどきょんはすぐに気づいてくれて、可愛いって褒めてくれたww
ガラにもなく照れたww
きょんは薄い水色のブラウスに膝丈のスカートだったと思う
もちろん首元隠すようにぐるぐる巻いたストールもww

まぁ格好はどうでもいいかww
そのあとは鉄板の会話
映画なに見るー?とかご飯なに食べるー?とか
こうやって話してるとちょっとカップル気分味わえて内心デュフデュフしてたww
そんな気持ち悪い私をきょんはただニコニコ笑いながら見てた


56: ぱみゅ 2012/11/19(月) 21:16:55.29 ID:???0

そんで見たい映画を決めに映画館に行ったものの、前々から二人が見たいねーって言ってたやつはその映画館では上映してなくて、隣町まで行かなければならなかった
それもめんどかったし映画はやめてぶらぶら散歩することにしたww

どうせ散歩するなら二人の知らない道通ろうぜwwwと言って全く知らない裏通りをひたすらぶらぶらした
なんか怪しげな飲み屋ばっかりだったのを覚えてるww
そんな通りだったから昼間はどこも開いてなかったし、八月の日差しがキツくて私たちは涼しそうなビル?マンション?とにかくボロいマンションみたいな建物の中に入った
そんで勝手に非常口?開けて陰になってる空き地みたいな場所を見つけてそこでゆっくりすることにしたww
静かで薄暗かったけどなんとなく落ち着いた

そこにあったボロボロで崩れかけてるサビた階段に二人で座って話した
夏休みに入る前のテストどうだったーとか夏休みなにするー?とか適当な会話
私はこの前の告白のことも気になったけどなかなか切り出せないでいた
こんないつも通りの会話の中にそんないきなりガチな話題出して気まずくなったらどうしようwwとかビクビクしてたから

するときょんから話題をそっちの方向に変えてくれた
冗談まじりの雰囲気だった

き「夏休みですけど!!ぱみゅさんはリア充になりますか!?」

私「そうですねぇ…予定はありませんねぇwww」

き「はい!きょん氏もです(`・ω・´)!きょん氏はぱみゅさんと付き合います(`・ω・´)!」

私「…えっ?」


57: ぱみゅ 2012/11/19(月) 21:25:35.90 ID:???0

我ながら間抜けな返しだったwwwww
たぶん、いや絶対間抜けな顔してたww
きょんは笑いながら「そこは乗ってよーwww」って言ってた
あ…そうね、乗らなきゃね…とか思って私は「ソウデシター!彼氏が出来ないぱみゅ氏はきょん氏と付き合うことになったのデスー!」みたいなこと言って、遅れながらも乗ったww

そしたらそれまで笑ってたきょんが急に真顔に戻って私の目をじーっと見つめてきた
ガチな雰囲気になれてなかった私は焦ったww

初めの方に書いたけどわたしには以前三人彼氏がいたことあったけど、その三人とも特に進展はないまま別れてしまったし、あってキスまで(しかも一回)だったからこういう雰囲気には慣れてなかったww
その空気をごまかそうと必死になって目をそらして下手な笑い浮かべたりしてみたw

けど特に空気が変わるわけもなく。
目をそらしてたからわかんなかったけどきょんの視線はかなり感じたww

き「ぱみゅちゃん、…本当のこと言って」

私「えwwwwwなにがwwwドゥフwwww」

き「…私はぱみゅちゃんと居れるだけで幸せって思うし、ぱみゅちゃんが居ればもう何もいらないんだよ…」

内心バクバクだったから完璧に覚えてないけどこんな歯の浮くようなセリフを初めて言われた私は本気で焦ったww
喜びとかよりもまず焦ったww
何も言えないでただ気持ち悪い笑顔のまま固まってたwwww

き「ぱみゅちゃん、彼氏いたって言ってたよね?正直、その元彼にも散々嫉妬してるんだよ。ぱみゅちゃんとキスとかしたり…えっちとかもしたんでしょ?そういうの想像して嫉妬ばっかしてるんだよ」

私「ややややwwwwやったことなんてないっすふじこふじこ」

言いたくなかったけど処女だったのはマジww
そこでやっときょんの目を見れた
そしたらきょんは意外そうな顔でじっと見てたww
恥ずかしかったwwww


58: ぱみゅ 2012/11/19(月) 21:36:13.18 ID:???0

き「…えっ、本当?…じゃあ正直に言って。さっき私が言ったこと、どう思った?」

私「えwwwどうもなにもwwwうんwwww」

き「もうwぱみゅちゃんww」

私はまともに喋れなかったww
ふじこふじこな状態でかなり気持ち悪かったと思うww

き「じゃあ聞き方変えます。…こうされて、どう?」

って言って初めてきょんに抱きしめられたww
なんかいつもより硬かったww
いや、緊張した私が硬かったのかなww

私「ドゥフwwwwちょっとwwきょんwww」

次第にきょんの力が強くなった
きょんから、というより人に抱き締められるなんて初めてのことでとにかく緊張した
顔はどこ向ければいいのか、どこ見ればいいのか、手の位置はここでいいのかとか全くわかんなかったww

「……嫌じゃないですww」

ってようやく言えたww
そしたらきょんはまたニコニコ笑ってた

き「ぱみゅちゃん、ぱみゅちゃん」

って、ニコニコしながらじーっと見つめられた
あまりの近さにドキドキしたしまずここはきょんの腕の中なわけでえーーーっとwwwwみたいな感じで私は恥ずかしくなって目をまたそらしたww
そしたら「きょんさんに任せてればいいよ」って言われてまたぎゅってされたww
思い出すとなんかまた恥ずかしくなってくるwwww


61: ぱみゅ 2012/11/19(月) 23:16:16.46 ID:???0

実体験だからそんなに面白いこと書けないしこの先もそんな面白いことないけどそれでもいいのかな?;
こんなダラダラ文を読んでくれてる方がいると思うとなんか申し訳ないww

続きw

恥ずかしくなって完全に我を忘れた私は(書いてなかったけど)初めこそは「ちょwwやだwwやめww」なんて言ってたけどあんなこと言われてしまうと「じゃあお任せしますwww」ってきょんにそのまま大人しく抱きしめられた

なんか時間が経つのが遅かったww
って言ってもたぶん五分も経ってないと思うww
あと妙に抱き締められてる間の沈黙に緊張したww
黙ったままでいるときょんが話しだした

き「…今こうしててまた思いました。やっぱ私はぱみゅちゃんが好きだなwなんか猫みたいで可愛いしw」

私「ありがとうw」

緊張してるくせに余裕ぶってありがとうwなんて言ってみたけど全然決まらなかった(´・ω・`)

き「あーもう!いいにおいするー!」(さらに抱きしめる)

私「私はどうすればいいんでしょうww」

き「ほんとにねーww」

会話意味不明だけど間違ってないと思うw
そんなこと話してきょんがやっと解放してくれた
汗臭くなかったかなってちょっと心配になった

期待してる人にはすまんがこんな感じで特にきっちりとしたアレも無くこの日からたぶん私たちの関係は変わったんだと思うww

付き合ってるというよりかは、お互いが相手を恋愛対象として好きという感情を持っていることを認知している関係?w


62: ぱみゅ 2012/11/19(月) 23:38:30.76 ID:???0

そんでその日はそのあとも何か(例えば今日の夕飯なんだろー(*´∀`*)とか)話すたびにきょんにぎゅうぎゅう抱き締められてたw
「汗臭いと思うからやめろww」って引っぺがしたけどもっと寄ってきて私を抱きしめたりクンカクンカしながらきょんは「きょんさん変態みたい?w」なんて笑ってた

で、適当にそんなことして晩ご飯も食べないままダラダラと過ごしたあと解散。
きょんは電車まで送ってくれたw
ずっとニコニコしながら手を降ってた
その姿が超可愛くて、世の男性は彼女とのデートのときこんな気持ちになるのかwなんて考えてたww

私としては最高な一日で夏休みが始まったと思うww
なんかそれまで考えてた不安とか変な気持ちは、きょんに抱き締められたことで不思議と綺麗に消えていった
もうこのまま一緒結婚できなくてもいいし、男を好きになれなくてもいいからずっときょんと居たいと思った

なんて本人には言えなかったけどねww

それから夏休みの間、お互いのバイトや地元の遠さの関係から会えない日がほとんどだったからきょんとは毎日のようにSNSで近況報告をしあってはコメント返しでメールのように仲良くやりとりをしていた
そんな些細?なことでもどんどんきょんが身近に感じて仲も深まったように感じた

前々からの学校での私たちの様子とそのSNSのやりとりを見ていた二人の共通の友人たちは「きょんと言えばぱみゅ(反対もあり)」、「きょんとこんなに仲良くしてるのはぱみゅが初めて」、「似たもの同士でくっついて幸せそう」なんて口を揃えて言っていた

けど明確にケジメつけて付き合ってるわけじゃないし、そうであってもなくても絶対周りにはそのような関係ですだなんて正直に言えなかったからひたすら隠し通したw
でもたぶんばれてたww
学校の至る所で仲良くしてたしスキンシップも異常だったから何かしら周りはそういう目で見てたと思うw

で、さっきも書いたけど夏休みはほぼ毎日SNSやメールで連絡を取り合い近況報告を見て、会える日はたまに会って遊んだりした

まぁでもこれと言って特に以前と変わらない感じかなw
変わったことはナシ。
しいて言えばきょんから抱きついてくるようになったこととかかな?


63: ぱみゅ 2012/11/20(火) 00:23:52.73 ID:???0

夏休みはとりあえず会えない日が多かったからそのぶんSNSとメールで連絡を取り合って、会える日は会って遊ぶという感じで休みの終わりまで差し掛かった
遊ぶときは大体いつものお決まりコース。
お店を周って買い物して、歩き疲れたら喫茶店で甘いもの食べながら休憩して、っていうまぁ鉄板といえば鉄板のデートコース
だけど飽きなかったなー
街を歩くと隣を歩くきょんにすれ違う人が見とれるように振り返るから、それを見てやっぱきょんは世間の目から見てもカワイイんだなーって思ったw余談だけど

きょんはあの日からなんか一向にスキンシップが激しくなった
当たり前だけど全然嫌な気持ちにならなかったし、嬉しかったから私もそれを受け入れてた
そしてある日のきょんとのデートのときの話。
その日はまだ夏休みで学校も休みだったけど、私が学校に呼び出された
呼び出されたというか、私のクラスだけ来なきゃいけない日だったんだ
それが昼までだったから昼から遊ぼうぜwといってきょんを誘った
そしてらきょんは学校まで迎えにきてくれた
無事にやること済ませてきょんと合流したあととりあえずお腹空いたからって学校の売店で二人で適当にゴハン買って人がいないところを探して一緒に昼ごはん食べた
ちなみに誰も来ないひと気の無い講義室w
案の定学校も休みだったし、学生はみんな帰ってしまって教室どころか校舎にも人は私たち以外立ち入らなかったと思うw
ゴハンを食べ終わったあとゆっくりしながらきょんと話してた
ちょうどきょんがガム噛んでた
ガムか飴。レモン味のやつ。

私「ねー、それおいしい?」

き「初キスの味というやつですよw初キスの味ってレモン味っていわない?」

私「えwwそれ古いよwww」

き「えー、きょんさんはしたこと無いからわかりません…(´・ω・`)」

私「www」


64: ぱみゅ 2012/11/20(火) 00:35:45.44 ID:???0

き「そっか…ぱみゅちゃんはしたことあるもんね、キス…」

私は三人目の彼氏と一回だけだったけどキスしたことあったから正直に言った
そしたらきょんはこっちから見てもすぐわかるように思いっきり落ち込んだww
だから私は付け加えた

私「あるけどwwないようなもんですww」

き「えー……どうだった?」

私「なんか柔らかかったww味しなかったしwwでもこんな柔らかいものがこの世にあるのかって、そんな感じだったよww」

き「じゃあ女の子の唇はもっと柔らかいかもね?」

私「なにそれww私にしろと?」

き「ためしてみるww?ていうかキスがどんなのか気になるよー(>_<)」

そう言って笑ったきょんの両腕を押さえつけて顔を覗き込む形で私はきょんに無理やりキスしたったwwww
恥ずかしかったから唇を押し当てたあとすぐ離したwww
生まれて初めて自分からキスしたwwww
しかも目を開けたままwwwwww自分からいったwwwwwwビックリするくらい近かったのが第一印象wwwwwwwww
そして女の子のが柔らかいかもねとか言ってたけど元カレのと何ら変わらなかったwwwま、今にして言えば当たり前か?wwww
ちなみにレモンの味はしなかった。
きょんは何が起こったのかわからないままボーッとしてたwwww


そろそろ限界だー!寝るます!オヤスミーw


75: ぱみゅ 2012/11/20(火) 21:33:23.85 ID:???0

キスしたあと、あまりにもきょんの反応が無かったからちょっと焦ったw

私「えっ…なんか言ってよwww」

き「あ、ああ…!びっくりしたぁwww」

私「それだけ?wwww」

き「急になにしてるのwww」

私「いやwwなんとなくwww」

き「そっかぁww」

二人で笑ったあときょんは唇を押さえたまま俯いた
このときのきょん、めちゃくちゃ可愛かったwww
すごく色っぽくてドキッとしたww
初めて見たその表情は今でも鮮明に覚えてる
沈黙がキツかったから私はなにか喋らないといけないと思ったけどそれより先にきょんが口を開いた

き「ゴメンねゴメンね…ぱみゅちゃん、もっかいして?」

私「えwwwwそれはwwww」

き「そうですよね、ごめんなさいww」

私はそんな小慣れてなかったから戸惑ってしまった
そしたらきょんは諦めてくれたww
ほんとは私ももう一回どころかずっとちゅっちゅしたかったけど出来なかったww
肝心なとこで思うように行動できない自分が乙すぎてだなwww
そのあとは特になにもなくダラダラ遊びに行っただけでほんとになにも無いまま帰宅。


続きというか番外編?思い出したから書くw

まだきょんとこんな関係になってなかったころの話で
たぶん時間にして>>20くらいのときの話になるけど

き「ぱみゅちゃんってボカロとか聴く?初音ミクのね、ハートブレイカーって曲すごくいいんだよ!」

私「えー知らないなあw」

き「歌詞がね、今のわたしにとってすごく共感できてね、いつも聴いてるんだー」

私「じゃあ帰って聴いてみるww」

そんで帰ってそのハートブレイカーって曲を検索してみた
気になるきょんが言ってた共感する歌詞というのも検索して聴きながら見た
ggったらわかると思うけどもろ片思いの曲なのww
当時まさかきょんも私のこと好きだと思ってなかったから
ひょっとして他に好きな人いるからこの歌詞に共感できるのかなあって思った
でもそこは持ち前のプラス思考で
「きっと今までの片思いを思い返してみて共感できるってことだろww」
って都合よく考えることにしておいたけどw

しかしこの曲は私に対してもすごく共感出来た
歌詞の中にある「君にとって私は友達のまま?」とか
「私じゃだめかな?笑顔でいるよ たとえ報われなくても それしか出来ないから」
みたいな歌詞に完全に共感してしまった私はその日から毎日ハートブレイカーを聴いてたw
だから結構思い入れのある曲。
もしかして(っていうかほぼ確定でいいのかな?w)
きょんも私のこと思いながらこの曲聴いてたのかなーとか
今になってあつかましいけど思ってたりww


82: ぱみゅ 2012/11/21(水) 09:58:21.85 ID:ANYBiTbG0

携帯以外で書き込むとやっぱりIDがコロコロ変わるw
まあ気にしないでくださいww><

じゃあ続き書かせてください!

夏休みはそれ以降とくに何の進展もなかったと思うw
あっというまに終わってしまっていつもの学校モード
きょんとはあんなことがあったからなんとなく
気恥ずかしくて顔合わせづらいって思ってたけど
案外学校でばったり会っても普通だったw

その後も普段通り学校が終わって時間がある日は二人で遊びに行って
いつも通り仲良くお茶したり買い物したりして
何ら変わりない日々を送ってたある日のこと。
いつもの何気ない会話の中での話し

私「きょんの地元って○○って初めて会ったとき言ってたよね?そこだったら○○中学?」

き「あ…、ゴメン。それ嘘なんだwほんとは△△w」

私「えwww嘘なのwwじゃあ△△中学?そこだったらうちの科に同じ中学だった子いるけd」

き「あっ、うん、でもたぶん私のこと知らないと思うよ?ほら、地味だったし」

私「えーそうかな?じゃあ明日聞いてみよっかなあー」

ほんとに何気なく言ったつもりなんだけど
それまでニコニコしてたきょんの顔色が変わった


84: ぱみゅ 2012/11/21(水) 10:14:26.52 ID:ANYBiTbG0

き「いや、…△△中学だったけど私みんなに気持ち悪がられてたからwwきっと聞いても知らないって言われるよww」

私「えwwなんでww気持ち悪くなんてないのに?」

き「え…うーん…そうなのかなあw」

なんて歯切れの悪いことばかり言うから、実際聞く気なんてなかったけど
どうしても気になったから△△中学出身の友達にきょんって子いたー?って
聞いてみたけど答えはノー。
まあそれはただ単にその子が本当に知らなかっただけだと思うw
その日の帰りにきょんにそのことを話した

私「△△中学の子、きょんのこと知らないって言ってたw」

き「あっ、そうなの?」

私「うん。ねー、きょん前に××高校(うちの県では五本の指に入るくらい賢い学校)出身って言ってたよね?」

き「うん。でも××高校出身の子ってこの大学に私しかいないよw」

私「まあ××高校通う頭だったらこんな普通の大学こないよねwwなんできょんはここにしたの?」

き「…知り合いが一人もいない学校に行きたくてw」

私「えww友達ゼロからスタートじゃんwwしかもきょんの家から2時間以上かかるしw」

き「うんw」


85: ぱみゅ 2012/11/21(水) 10:24:54.51 ID:ANYBiTbG0

私「きょんの高校生だった頃の話とか聞きたいなーw」

き「とにかく気持ち悪かったよww」

私「卒業アルバムみたい!」

き「それはムリww私もまだ一回も開いてないもんw」

私「えっww」

き「いや、自分の顔嫌いだしwww高校生だったからメイクもしてないしブサイクだからww」

私「すっぴんだとどっちかって言うとイケメン顔になるよねww」

き「ひどいw」

そのときに何でバイトのときすっぴんだったのか聞いてみたら
きょんは「バイト先では高校生のときから働いてて素顔見せてるからいまさらメイクしても無駄w」
って理由でメイクはバイト先にはしていかないって言ってた

私「そうだ!じゃあ今から二人のプリクラ撮ろうよww」

き「えww嫌wwだって写真って残るじゃん…」

それが写真ってものじゃないのかww
私ときょんの2ショットなんでもいいからほしいww
一生のお願い!!形に残るもの欲しいの!!
って必死にお願いして、きょんも無駄だと思ったのか妥協して撮りにいくことにww


86: ぱみゅ 2012/11/21(水) 10:31:38.20 ID:ANYBiTbG0

き「考えてみればぱみゅちゃんとの写真一枚も無かったなあ。ちょっと撮りたい、かもです…」

私「うんww可愛くとろうぜww」

って二人で選んだプリクラ機で一枚撮って半分こにして分けて大切に手帳にしまった
実物もだけどプリクラのきょんもほんと可愛かった

その日の夜、帰宅して浮かれていた私はその日に撮ったきょんとのプリクラをリビングで眺めてた
そうしてるとパパンがやってきたから自慢げに、
「可愛いでしょこの友達ww」ってプリクラ見せたの
そしたらパパン何て言ったと思うwwwww

「可愛いってwwwwwwww男じゃんwwwwwwwww」

えwwwwwwwってなって否定したwwwwwww
違うよ何言ってんのwwwwwwどう見ても可愛い女の子じゃんwwwwwってwwwwww

それなのにパパンは
「たしかに深田恭子に似てるけどなにかが違うwwwwwwww」ってwwwww言い張るwwww


87: ぱみゅ 2012/11/21(水) 10:48:47.28 ID:ANYBiTbG0

パパンいわく、
骨格とかが男
深田恭子に似てることでより男に見える
まあ深田恭子も多少男みたいな顔してるし、女の子だよねゴメンww

って(^p^)

前にまさかそんなわけないって思ってたことを簡単にパパンに言われて
私はなんだか前に抱いていた疑惑を再び感じてしまった
我ながら流されやすいww
でもきょんの口からはっきり女だって聞いたしそれがすべてだと思ってた
だけど…卒業アルバムのくだりとか初めに母校のことで嘘をついていたことも
あわせて私にきょんへの疑いの感情をもたせた
恋は性別でするものじゃないってこと、思い始めてたからもう性別はどっちでも良かった
だって女なら女で今までのことは嘘じゃなかったって思えるし、
男だとしたらそれはそれで結婚もすることだって不可能じゃなくなるしwwwって軽く考えてた
ただはっきりしないままきょんに秘密や嘘を作られるのが嫌だった
…とかなんとか理由つけて本当はただ単に本当のことを知りたかっただけなのかもw

どうにかしてきょんが女だという動かぬ証拠?が欲しいと思った私はいろいろ考えた
もしも。もしもきょんが男だとして今性別を隠してここにいることが出来たとしても
さすがに高校くらいまではそんなことも出来ないと思った
だから母校が一緒の人を探してきょんのことを聞くとか考えたけど
一人も浮かばないしもしかしたらそれも嘘かもって思うとそれは微妙な案だった

そうだ裸見たら一発じゃん(゜∀゜)

結局これに行き着いた


94: ぱみゅ 2012/11/21(水) 20:22:58.61 ID:???0

帰ったので続き書きますw

いい考えを思いついた私は早速きょんを旅行に誘った
作戦では、二人で旅行→お風呂一緒に入る→真実がわかる→仲も深まってウマーな予定だった
そんで早速きょんと学校で会ったときに話を持ち出した

私「ねーねー!2人で旅行いかない?」

き「わ〜、いいね!」

私「ね!じゃあどこ行くww?」

き「うん、楽しみだなー!また今度決めていこう?」

私「えww今決めようよ(´・ω・`)」

き「う、うん…。あ、でも今はバイトが忙しいんだ…」

私「あ、そっかー。じゃあ日帰りとかは?」

き「うーんww」

そのあと何て言ってもなにかと理由つけられたりごまかされたりで結局OKは出なかった
もう風呂入れたらなんでもいいと思って私は近くに出来たらしいスーパー温泉?に誘ってみた

私「じゃあさ、最近出来た温泉行かない?露天風呂とかサウナとか岩盤浴もあるんだって!」

き「…温泉は嫌いなんだ(´・ω・`)ごめんね?」

あっさりと断られたのでちょっとショックだったけどそれよりも自分の中のきょんへの男疑惑がさらに高まっていたことに気づいた


95: ぱみゅ 2012/11/21(水) 20:39:21.50 ID:???0

そのあとは何度誘っても答えはノーで作戦失敗。
仕方が無いからその作戦は諦めた
けど私はあることに気付いた
それはこの大学には一年生のときに泊りがけで交流キャンプ的なイベントがあることだ

きょんと同じ科の人に聞けばいいんじゃね(゜∀゜)

そうひらめいた私はきょんと別れたあとにすぐきょんと同じ科の友達にメールしてみた

怪しまれないように一応「きょんの誕生日に写真プレゼントしたいからキャンプの写真できょん写ってるのある?」みたいな理由でそれとなく確かめた
こうやって裏で探ってることなんかきょんは夢にも思ってなかっただろうな
嫌な女でごめんww

で、返ってきた答えは「きょんさん来てなかったから持ってないよ><」

予想はしていたけどやはりそうだったwww

それからまたきょんへの疑惑を持ったまま付き合う日々が続いた


96: ぱみゅ 2012/11/21(水) 20:59:25.34 ID:???0

疑惑の心を持ってると相手の行動がなんでも怪しんでみえるんだね
私はきょんの言動がどれもぜんぶ怪しんでみえた
だけどそれとは別にきょんのことは日に日に好きになっていった
だからこそ本当のことを知りたいという欲求は強くなった

きょんの行動を見ればみるほど怪しんでみえた

今まで会った日の中でマフラーをして来なかった日なんかないし、それはひょっとしたら喉仏を隠してるのかと思ったw

服を買いにいこうって誘ったら「普通のサイズじゃ肩幅が入らない」と断られたり
お風呂や旅行の件だってそうだし

見せてくれない卒業アルバムの他に、小中高の話は絶対にしてくれない

こんなに仲いいのにいまだに部屋に入れてくれないし
まずこんなに可愛いのに彼氏いたことないのも気になった

昔好きだった人と私がなんとなく似てるっていわれたのも引っかかってるし
抱きついたときに胸なかったし
出身中学を偽ったり…と


考えれば考えるほど不自然なことばかりだと思った
初めのうちもそう思ってたんだけど、きょんと仲良くなるにつれてそんなこと気にもしなかったからさw

さらに「男っぽくなる病気だからw」と言われてそれずっと信じてたんだもんww

信じてた、というよりもそのときだって信じてたかった(´・ω・`)


107: ぱみゅ 2012/11/22(木) 23:46:40.88 ID:???0

名前いれるの忘れたままレスしてたww
どうも、私です(`・ω・´)

続き

結果はどっちであれ(もう結局こだわらなくなってた)どうにかして疑惑から確信に変えたかった私はきょんにそれとなく探りを入れる日々が続いた
けどどんな探りの言葉もきょんは簡単にかわしていっていつまでたっても確信は得られないままだった

私はもしきょんが性同一性障害だったときのために少しでも戸惑いが減るよう、その症状についても調べまくったし実体験を綴っているブログなども見たりしてた
早とちりというかなんというか、かんちがい(?)して勝手に動くタイプww

きょんと仲良く付き合いながら最低だとは思ってたけど疑惑は無くならないまま過ごしていたそんなある日のこと。
いつも通り2人で遊んでいたときのことだった

き「お店も見終わったし、お茶もし終わったし、次どこに行きましょうか?w」

私「どこにしましょうかw行ったことないところがいいですw」

き「うーん…では社会見学に行きましょうかw」

私「そうですね、ではラブホとk」

き「えっ」

そこは話の流れ(?)的なアレで冗談で言ったつもりだったww
けどきょんは本気にしてしまった感じだったww


108: ぱみゅ 2012/11/23(金) 00:00:13.26 ID:???0

き「ちょっ…、えっ…女の子がラブホとか言うもんじゃありませんwwwだいたいそこって何するところかわかってるの?ぱみゅちゃん(´・ω・`)」

私「わかってるよ(`・ω・´)」

き「やだ〜!言わなくていいwww」

私「いやでもね、安いところが近くにあるんだよーほんとだよー」

実際ラブホなんかもちろん行ったことなかった(さすがに何するところかは知ってたけどw)
ただ駅に向かう帰り道の裏通りにあきらかラブホだろあれwww的な建物があって、それをほぼ毎日見てたから記憶にちゃんとあった
だからとりあえず言ってみたww
安いかなんて他を知らない私がもちろん知ってるわけないけど適当に言ってみた
看板(というか旗?)には休憩1980円って書いてあったから多分安いだろwwwと勝手に思って言っただけww
冗談で言ったんなら冗談って言えばその場はおさまったんだろうけど何だか面白くなりそうだと思ってそのあとも乗ってみたww

私「聞いた話だとさー、豪華なお風呂とかベッドとかあってー、えっちな番組ばっかやってんでしょ?」

き「えーww」

私「きょんも行ったことないよね?気になるしさー、行かないwww?」

き「えー、ぱみゅちゃんと行ったら襲われそうなんだけどww」

私「いやいやww」

き「…行きましょうか?www」

みたいな軽いノリで私たちはそこのラブホへ行った
記憶の中にあった休憩1980円は2980円の間違いだったww
これって安いん?(´・ω・`)おしえてえろい人


109: ぱみゅ 2012/11/23(金) 00:13:40.01 ID:???0

とりあえずラブホまで来たものの、2人ともこんな場所初めてだったからどうしていいかわからずなかなか入れずにいた

私「これってさー、受付に人いるのかな?だとしたら女同士ってやっぱ止められるかな?」

き「えーどうだろう?私、ずっとこういうところの受付って無人で鍵だけ出てくるんだと思ってたww」

無人…確かそういう話を友人から聞いたことがあった私はひとまず安心した
そのあと少し入るのをためらったあと、「カラオケと同じノリで入ればいいよwwどうせ人いないしww」的な流れに行き着き安心して、外から見えない仕様になっているドアの向こうに足を踏み入れた

普通に受付の人いて焦ったwwwww
きょんと2人で焦りながらも「休憩したいんですけどー」みたいなこと言ったら特に変な目で見られるわけもなく追い出されることもなく普通にいけたwww
たぶんああいうところの受付は無心になってやってるんだろうwwwと思った

で、部屋にイン。
感想は普通www
風呂も普通のホテルにあるようなヤツでベッドも派手な感じじゃなく普通www
まぁいかにもな雰囲気だとそれはそれで気まずいから別にいいけどww

き「思ってたより普通だねw」

私「ねwビジネスホテルと変わらないねw」

き「そうだねwテレビはつけないでおこうww」

私「うんwwアレなヤツだよねテレビはwww」

き「…で、どうするの?」

どうするも何も私は完全に休憩目的(社会見学?w)で来ていたつもりだったのでここできょんとホテルの構造を楽しんでダラダラ休憩すること以外考えてなかったwww


110: ぱみゅ 2012/11/23(金) 00:24:06.14 ID:???0

私「どうするってwwwwなにがwwww」

き「え、いやwwwだからさwww」

私「立ち話もなんですし、とりあえずこちらへどうぞー?」

って私は座っていたベッドにきょんを座らせた
ベッドに座ってのはアレな意味があったわけではなくてそこしか座るところがなかったからなんだからな!(`・ω・´)
そして隣同士に座ったまま話を続けた

き「なにかします?(´・ω・`)」

私「Wiiとかあるかと思ってのにないよねww」

き「うんwwていうかwwwなんでそんな普通なのwwwぱみゅちゃんwww私だけかなぁ?こんなソワソワするの(´・ω・`)」

私「えwwwせめてきょんの前では平然保とうとして頑張ってるだけだよwwほんとは結構ドキドキしてるかも…ですw」

き「…ならいいんだけどさぁ?いやー、慣れてるのかと思った…よかった…」

私「いやww前にも言ったけどさ、こんなとこ来たの初めてだしアレ的なナニもしたことないよww」

き「きゃりーぱみゅぱみゅに似てるのに?(´・ω・`)」

私「関係ないww」

き「ぱみゅちゃん可愛いよー(´・ω・`)」

私「えwwww」


111: ぱみゅ 2012/11/23(金) 00:37:16.62 ID:???0

き「前の彼氏より、きょんさんのことを好きになってもいいんだよ?-

私「…ていうかもうとっくに元彼よりきょんのほうが好きなんですけどwww?」

き「ありがとうw」

ここで恥ずかしくなって私はベッドの布団に潜り込んできょんに背中を向けた

この流れならはれんちな流れにならないと思ったし、まず女同士(と思い込むようにして)だからしようとも思わないさwwwと無理矢理考えた

処女だからヤる前の雰囲気?とかも全然わかんなかったし、いくらきょんとで女同士だとしても、もしも男と言われたとしてヤってしまうことになってもどっちみち今日はとりあえず心の準備もまだだし事には及ばないwww怖すぎるwwww無理wwwと私は勝手に決めつけていた

完全にその気なんてなかった
これっぽっちもえっちな行為を大好きなきょんとするつもりなんかなかった
ていうか恐怖が勝ってできなかったww

背中を向けたまま一人で黙々と考えていた私にきょんは「ねむい?」と聞いて来た
私は適当に「うん」と答えた
そしたら「きょんさんの腕の中で寝なさいww」って後ろからぎゅってされて2人でそのままベッドに横になった

初めて後ろからぎゅってされたけどなんかいいねwwあれww


113: ぱみゅ 2012/11/23(金) 21:49:39.41 ID:???0

遅くなってごめんなさい><
こんなに書くの遅いのにまだ楽しみにしてくれてる人いて嬉しいよ!!
ありがとう><
続き書きます!

私「ちょwwww待ってwwww」

き「あ、やっぱ嫌だった?」

私「嫌というか…こういうときどうしていいかわからないwww」

き「本能で動くんだよたぶんww」

私「うwwwwwんwwwwwでもなんか無理無理wwwwwなにこの空気wwwww」

き「ひどいwwじゃあはい。」

そう言ってきょんは離してくれた
私としてはあんなにこの先には進めないとバリアを張っていたのにいざあっさり離れられるとなんだか寂しい気もした
一体どっちなんだよっていうww

きょんの方をちらっと見ると、きょんは目を伏せてなにかかんがえているようだった
不快な気持ちにさせてしまったのかと私は焦った
するときょんが小さな声で呟いた

「私が男だったらよかったのにね…?」

はっきり聞こえてたけど私は聞こえないふりをしてごまかした

疑惑を抱いているぶん、
どう返していいかわからなかった


>>113
エロの時はきょんが完全にオスになってるな


>>120
そうなの?(´・ω・`)
きょんとしかあんなことしたことないからどんなもんかわからんww


遅くなってゴメンね。
続き書きます(`・ω・´)

ケーキ持って急にバイト先まで行って
「今日誕生日なんです」とかあつかましいにも程があると思って言えなかったww
まあ行動してる時点であつかましいけどww

私「いやーwwなんとなくwケーキ食べたくなってww」

き「え、ケーキって?」

でも結局ごまかしもきかなかったので
正直に言いましたwww

私「いやぁ、今日誕生日なんだよねーww」

き「誕生日!?ぱみゅちゃんの?えっ、ウソだぁww」

私「ほんとだよwwなんでww」

き「だって今日私も誕生日だもんww」

正直これ聞いたときは驚いたww
どっかの少女漫画でも誕生日かぶってるのあんま見ないのにwww
ちょっと運命ってやつを感じたww
ウソだと思ったから証拠(免許証)見せてもらったけどやっぱり本当で…
初めて私は誕生日がこの日で良かったと思えた


115: ぱみゅ 2012/11/24(土) 21:57:07.96 ID:???0

続き書きますー

そのあとはつまらないかもだけどほんとに何もなくて
そのまま時間きて初めてのラブホは終了。
ラブホから出るとさっきのどこかさみしそうなきょんから、いつものニコニコしたきょんに戻ってた

きょんには申し訳なかったけど私はマジできょんとはえっちぃこと出来る勇気がなかった
それは性別関係なく、ただ怖いからという理由だけで
だから彼氏が出来てそういう雰囲気になっても今までずっと出来ないでいたww

それからは特に何もなく夏が過ぎてった
どうでもいいかもだけど夏の終わりは私の誕生日なんだ
今まできょんと過ごしていて誕生日の話はしたことなかった
だから当然きょんも私の誕生日を知らないし、私もきょんの誕生日を知らない

でもだからと言って自分から
いついつ誕生日なんだ!とか言うのも気が引けた
だから誕生日がきてもきょんには黙ったままだった
そりゃあ大好きな人に祝って欲しい気持ちももちろんあったけど変なプライドのせいで言えないでいたw

その年の誕生日は休日だったから学校できょんと会うことも出来なかった
会いたかったから遊びに誘おうかと思ったけど、前の日にきょんが「明日はバイト」って言ってたのを思い出してやめた

でもやっぱり会いたくなって、
電車に乗ってきょんのバイト先まで行くことにした
この頃の行動力すごかったと思うwww


116: ぱみゅ 2012/11/24(土) 22:44:59.15 ID:???0

で、手ブラなのもあれだと思って安い小さなケーキを買っていった
一応小さいけどワンホールになってんの
スプーンみたいなフォークみたいなのを二本もらってきょんのところへ急いだ
今思えば何時に終わるかも聞かずよく電車とバス乗り継いで二時間のきょんのバイト先まで行ったなぁと思う
下手したらきょんは既に上がってる可能性もあったのにw
そんなこと深く考えずとにかく会いたい一心で向かった
ついたころには既に外は暗かった

とりあえず店の外から覗いてみたけどきょんらしき人はいなかった
聞くのもアレだし…と思って私は近くの陰で待った
けどどれだけ待ってもきょんは見えないし出てこなかった
もしかしたらもう今日は上がったのかな…と不安になった
お腹すいたしケーキ食べちゃおうかな(´・ω・`)って考えとも戦ったw

なんだかんだで一時間ちょいその場できょんを待ってたと思う
季節的に寒くも無かったし余裕だったんだけどやっぱ来なかったら…って不安になってた(´・ω・`)

そんなとき
店の裏のドアが開いてきょんが出てきた
嬉しくなって私は駆け寄った
忠犬ハチ公www

私「きょん!!」

き「…え、…えっ!?ぱみゅちゃん!?なんでwww」

その日もバイトだったからかきょんはすっぴんだった
深田恭子のすっぴん見たことないけど彼女のすっぴんもこんな感じなんだろうなぁってちょっと眺めてたww


122: ぱみゅ 2012/11/26(月) 22:00:27.60 ID:???0

き「びっくりしたーwwぱみゅちゃんが私の誕生日知っててケーキ持って祝いに来てくれたと思ったけど違うのかぁw」

私「ゴメンwwwじゃあ今からこのケーキは二人の誕生日ケーキってことでww」

って言ってもらったスプーンを一本きょんに渡して二人でケーキをつついて食べた
きょんのバイト先の前でww
どこにでもありそうな普通の安い小さなケーキだったけど最高においしく感じた

き「誕生日プレゼント、なにがほしい?いまから買いにいく?」

私「えっ?いやーいいよ。私もきょんのプレゼント用意してないし…(´・ω・`)」

き「だって知らなかったんでしょ?ぱみゅちゃんも誕生日教えてくれればよかったのにー」

私「なんというか変なプライドが…ww」

き「なにそれwwで、なにが欲しいか考えてくれてる?」

私は何度か遠慮したけどきょんは折れなかった
私も逆の立場だったら相手にプレゼント渡したいと思うし、きょんのプレゼントも用意するつもりだったからその気持ちわからないこともなかったけど
でも正直私は欲しいものが無かったw
物欲?というものが普段からあまり無い私は返事に困った
きょんから貰えるなら何でも嬉しかったんだけど。


123: ぱみゅ 2012/11/26(月) 22:08:01.06 ID:???0

で、考えに考えた結果、私はネックレスが欲しいと言った
なんかそれ貰ったら恋人っぽくね?ww
と思ったし指輪よりは重くるしくないかなーと思ったからネックレスにした

き「ネックレスかー。わかった!(`・ω・´)」

私「きょんは?なにが欲しい?」

き「ぱみゅちゃんもくれるの?…じゃあ私もネックレス欲しいなぁ。いつもつけてたやつが壊れたんだよね…」

私「わかった!じゃあネックレス交換しよ?そしたらお互いプレゼントになるしw」

そして私たちは後日ネックレスを買いに街へ行く約束をした
それからケーキを二人仲良く完食したあと遅くなったからといってきょんが車で地元の駅まで送ってくれた

バイトで疲れてるのにごめんねーありがとうwと言うと
きょんはニコニコ笑って「おやすみ」と言ってくれた
すっぴんでいつもより声が低かったけど私はこっちのきょんにもドキドキした

きょんと別れたあと
すぐにお礼と誕生日のお祝いを兼ねたメールを送って
その日は幸せな気分で眠った


124: ぱみゅ 2012/11/27(火) 20:00:48.09 ID:???0

帰宅したので続き書くよー

数日後、約束通りきょんと一緒にお互いのネックレスをプレゼントするために街へ出かけた

きょんが「お揃いのネックレスだから大切にしたいなー。…あっ、えっと、私はお揃いだと思ってたんですけど…!…ぱみゅちゃんイヤですか…?(´・ω・`)」って言ってて最高に可愛かったww
だからおそろいのネックレスを探した

そんで夕方から色んなアクセサリーショップを思いつくかぎりハシゴしてみたけど
二人が気に入るようなネックレスは見つからず
結局どの店も閉店してしまう時間まで回ってみたけど
おそろいのネックレスにするようないいものは見つからなかった

他のお店を回ろうにもどこもあいてなかったから結局諦めて駅まで歩いてた
この日はやけにきょんが携帯いじってたから何気無く聞いてみたんだ
今日ずっと携帯いじってるね?って
そしたらきょんは「ごめんね」って言ってやめてくれたけどw


125: ぱみゅ 2012/11/27(火) 20:08:35.25 ID:???0

き「それがね、私告白されて…」

私「えっ」

きょんが告白されるなんてこと珍しくなかった
他校の男からよくアドレス聞かれたり遊びに誘われたり…
それが発展して告白されたりなんかも今までで何度もあった
そのたびにきょんは「ぱみゅちゃんが居ればそれでいい」って私に言ってくれて
その男たちの告白や誘いは断るか無視するかだった

私「また告白されたのかーww」

き「そんなモテないよっ!…今回の人は断っても何回も告白してきて…結局三回告白されたんだよね」

私「そうなんだ(´・ω・`)」

き「ねぇどうしたらいいかな…!?」

正直私はすごく不満で気に入らなかった
きょんは私だけのものだって完全に思い込んでたし
他の男にとられたくなかった
自分のことを想ってくれてるきょんを。
けど感情剥き出しに返すのは子供っぽいとまた謎のプライドが判断し、
「きょんはどう思ってるの?」とだけ言ったw

き「もちろん全然好きじゃないよ!」

私「ならさぁww断ればいい話だよww」

笑ったつもりだけど多分顔は引きつってたと思うww


126: ぱみゅ 2012/11/27(火) 20:17:06.45 ID:???0

き「そうだよね…(´・ω・`)今回も断る」

私「そうしなよww」

そんなこと聞く前に断って欲しかった
けど必死に私は感情をごまかした
なのにやっぱり最後の方でボロが出ちゃって、結局心の内を言ってしまう結末w

私「いや…うん…きょんは私のです…」

き「…うん」

私「だから他の人に告白されてもダメなんです…。私のなんです!!」

なぜか敬語で私はポロポロ思ってたこと吐き出した
きょんを悩ませてる?そいつにもヤキモチをやいてるということ、
きょんをとられたくないということ、
私がいるから断って欲しいということ…
とにかく思ってること全部言った
謎のプライドはいつも最終的に砕け散るんだww
それでもきょんはニコニコしてずっと最後まで聞いてくれた

き「…ごめんね。ぱみゅちゃんにそう言ってもらいたくて…ww」

私「えwww…もーバカきょん!」

って言ったらきょんはゴメンって笑って私の腕にぎゅっと抱きついてきた
まぁなんだかんだそうやってイチャイチャしながら帰った


127: ぱみゅ 2012/11/27(火) 20:31:21.30 ID:???0

で、それからまた数日たったんだ
それまではいつも通り何もなしww
その日は夏休みが終わってすぐにあった健康診断の結果が帰ってきて
私はそれを取りに行ったあときょんの授業が終わるのを待っていた
ちょっと経ってからきょん登場
なんか浮かない顔だった

き「ぱみゅちゃん!…あ、ごめん…今日は一緒に帰れないんだ><ごめんね」

私「…あ、そうなんだ?…用事?」

き「うん。…ちょっと健康診断に引っかかっちゃって…。だから病院まで行って再検査なんだ(´・ω・`)」

私「え、再検査!?どこか悪かったの?」

き「たいしたことないよww心配しないで…」

私「…うん、でも…」

きょんはそれでも「大丈夫だから」と言って半ば強引に別れて行った
さっきのきょんの浮かない顔と発言に私は不安になった
もしかして前に言ってた持病が関係あるのかな?と思ったりもした
別れてからもどうもきょんが気になって仕方なかった
尾行だなんて悪いと思ったけど、
とにかく気になったので私はこっそりついていった

きょんが向かった先は高校とかでいう保健室みたいな学校にある健康センター。
病院って言ってなかったっけ?と不思議に思ったけどついていった

健康センターの人はきょんと何か話してたけど遠くで聞こえなかった
きょんはその人と一室に消えてった
入ることもできなかった私は仕方なくそこで待った


128: ぱみゅ 2012/11/27(火) 20:38:51.60 ID:???0

再検査は病院じゃなくてここでやるのかな?と待ちながら思っていたらドアがあいてきょんが出てきた

私「…おっす」

き「…!」

私「ついてきちゃったよ…ゴメン。再検査してたんでしょ?大丈夫だった?」

き「あ、…ああ、うん…ww」

きょんの手には診断結果の紙。
私がそれを見つめているときょんはすぐに隠した

き「急にビックリしたよもーww帰ろっかー?」

私「あ、うん。ねえ…それ結果だよね?見てみた?」

き「うん…、大丈夫だったよww」

私「見せt「ダメ!!」

頑なに見せようとしないきょんに私はまた不安になった
もしかして私に言えないで実は結果がよくなかった…とか

き「いや、…体重とか書いてあって恥ずかしいしww」

私「気にしないよw私はきょんが心配で…」

き「……う、うん…」

きょんはしばらく黙ってたけど
諦めて私に診断書を渡してくれた


129: ぱみゅ 2012/11/27(火) 20:44:22.47 ID:???0

見てみるとどこにも「異常あり」の文字はなかったので私はホッとした

私「なんともないみたいだね?良かった…!」

き「…うん、ごめんね、嘘ついて」

私「え、嘘?」

き「異常なんてどこにもなかったんだよ」

私「え、でもこうやって再検査しにきたんじゃん」

き「ぱみゅちゃんに嘘ついてばっかでゴメン…」

えwwww話が繋がってないwwwww
どんどん泣きそうなくらい雲っていくきょんの顔を見て私は焦った

き「私…みんなと同じ日に検査出来なくて…」

私「え、ちょ、え」

き「…だから今日一人だけ別に検査したんだよ」

私「あっ、生理だった…とか?生理だと尿検査できないもんねwww」

き「私生理こないんだ」

続きは明日にでもしようか?w


136: ぱみゅ 2012/11/28(水) 21:53:04.66 ID:???0

昨日は続き書こうと思ってたけど寝落ちしてしまったwwすまんww続き

私「えwww生理こないってwwwwあ、例の病院…とか?」

私はついに疑惑から確信に変わるかもしれない瞬間を薄々感じていた

き「…こないんじゃないの。…ないの」

私「えwww」

たぶん笑ってみたものの動揺で上手く笑えて無かったと思うw

き「病気って言ったよね、あれ嘘なんだ…」

今にも泣きそうなきょんをとりあえず私は身障者用トイレに連れ込んだ
一目にふれないで二人きりになれるとこと言ったら瞬時にここしか思いつかなかったww

私「いやいや一つずつ話してよww」

き「うん、ごめんね…ごめん」

ひたすら泣きそうな顔で謝るきょんに内心心臓バクバクだったけど
とりあえず自分もきょんも落ち着かせた

き「病気はホントなんだよ…。でもちがうの。私は人より女性ホルモンが多くて…」

私「え、女性ホルモン?」

き「…ぱみゅちゃん、もう気づいてるでしょ…。だってソレ」

ソレ、と指さされたものは私が握っていたきょんの診断書。
完璧にわけがわからなくて私は言われるままそれを見た


137: ぱみゅ 2012/11/28(水) 22:07:19.52 ID:???0

き「…気づいてるんでしょ?」

なにが、と聞く前に私はその診断書の「性別」の文字に釘付けになった

そこにははっきりと男のほうに丸がつけてあった
私はたぶんショックだったのかな、言葉も返せず動けなかったw

き「…騙しててゴメンね。」

私「え…っ」

き「…そういうことで、健康診断別の日に指定されたからこの日しかできなくってww」

私「え、」

いつもみたいにニコニコ笑うきょん。
私はなかなか言葉が出てこないままでw
そんな私にきょんは「だからそれ見られたくなかったのになw」って言ってた

き「…でもぱみゅちゃんにはやっぱ言わなきゃって思って…。…なんてね!ばれたと思って開き直っただけかw」

私「いや、っ…きょん…」

き「…ごめんね」

何度も謝られた
けど私は驚いたものの、嫌悪感はもちろん感じなかったし
もともと疑惑持ってたぶんそれが掘り起こされたって感じで特別なにかを感じたわけでもなかったw
ただ、やっぱこれが本当なんだ…って思って不思議な気持ちになったけどww
とにかく今まで感じたことのない感情でいっぱいになった


138: ぱみゅ 2012/11/28(水) 22:14:37.96 ID:???0

き「気持ち悪いと思った?…へんだよね!?やっぱり…」

私「いや、びっくりしたけどヘンじゃないよ?」

き「うそだぁ…」

私「うそじゃないよ…」

正直、実際カミングアウトされると
そんな感情がうまれてもおかしくないと思ってた
けどきょんならすべていい、ってわけじゃないけど
きょんだからもう何でも良かった
この人がきょんという人間なら男でも女でもどっちでもいい
それほど好きになってたんだw
まぁ口が裂けても言えなかったけどww

き「ぱみゅちゃんや他の女の子とは違うんだよ?胸もないし、声だって頑張ってるし、体も…男なんだよ?」

私「言わなくてもわかってるw」

き「他にも…ぱみゅちゃんが引くようなことばかりだよ…」

私「たとえば?」

き「卒業アルバムも男だし、女の子用の服はLしか入らないし、喉仏だって出てくるんだよ?」

私「でもヒゲ生えてないし女子大入れてるしどう見ても女の子じゃん」

き「ヒゲは病気のおかげで生えてこないんだw」

なんてこと話してたら案外普通な雰囲気になっていったww


149: 私事ですが名無しです 2012/11/29(木) 17:36:39.16 ID:???0

追いついたー

追いついたからはよ


151: ぱみゅ 2012/11/29(木) 20:30:36.40 ID:???0

続き

そうやって冗談まじりにしばらく話してたら
さっきのカミングアウトがそんな大きなことだと感じなくなったww
何度も言うけどきょんならもう何でもいいって感じかな?
もともとレズじゃなかったから女のきょんを好きになったわけでもなかったし。

でも中身には触れられなかった
性転換とか戸籍とか手術とかそういう肝心?なことは聞けなくて…
なのにきょんは「こんなにスッキリするならもっと早く言っておけばよかったー」なんて笑うんだ
私は核心には触れないようオブラートに包みながらいろんなこと聞き出そうと頑張ったw
とりあえず箇条書きでまとめると

・物心つく頃から性同一性障害?だった(実際そうだと気づいたのは中学生頃)
・けど周囲の目もあり男として生きてた
・高校生くらいから女の子の格好に興味を持ち出した
・女性ホルモンが異常なくらい多く分泌される病気持ち
・そのおかげでヒゲは生えないし声も頑張ればいける
・大学受験を機に女の子の格好をしてみようと思う
・地元から離れた誰も知り合いのいない学校に入学しようと決める(私立なのに第一志望にして)
・ついでに調べてみたらうちの女子大はほぼ名前だけのようなもので男も受ければ拒否はしない学校だと判明(結構こういう女子大多いらしい)
・マフラーは喉仏隠しで夏でも長袖だったのは素肌隠し(男っぽい腕を見られるのが嫌らしい)
・名前は変えてない本名(男でも女でもどっちでもいける名前)

こんな感じかな


152: 私事ですが名無しです 2012/11/29(木) 20:36:01.55 ID:???0

あーつまりあれパターンか
性同一性障害で同性愛者のパターンか
それかビーターみたく性同一性障害でバイのパターン?


>>152
うーん、難しいけど多分後者の方じゃないかな?><

それから?きょんは私に対して以前よりヤキモチをやいてくれるようになった
例えば私が同じ学科のグループの子とご飯食べてたり
仲良く話してたりしてるのを見ると
「今の子ってだれ?仲良いの見ててちょっと落ち込んだ(´・ω・`)」
とかメールしてきたり

私が一人で買い物してるときにSNSで「どこどこナウ!」と呟くと
「一人?いまからそっちいってもいい?」
と電話してきたり

そのSNSで私の友達リスト全員のページを回ってプロフを見て
私とその人たちがどんな繋がりか全て把握してたりとかww

完全に同じことを元カレとかがやってたら
絶対に嫌いになってたり重さを感じたりしてたんだろうけど
なぜかきょんのそれは全く重荷に感じなかったし
むしろ愛されてるんだなぁと嬉しく感じたw

きょんは私が女の子と仲良くしてると
ヤキモチやいてくる
男と仲良くしてるんならわかるけど
女の子でもやくww
それが嬉しくてもっとヤキモチやいてもらいたくて
私はきょんに意地悪してしまったww
SNSに「○○ちゃんとご飯なうー♪」とか
「○○ちゃんと話してると楽しいww」とか
たくさん書き込んだww
やな奴www


153: ぱみゅ 2012/11/29(木) 20:44:45.22 ID:???0

私の推測なんだけど
きょんは手術とかはしてないと思う
だって学生だから金銭的に厳しいしそれに胸無かったからww

一番聞きたかったけど聞けなくて
今でもきょんに聞きたいことがあった

私のことを女のきょんが好きになったのか
きょんの中に残ってる男のきょんが好きになったのか。
でもやっぱり聞けなかったww
今でもどっちだったんだろうと思う

男のきょんが好きになったとしたら
これから女として生きて行こうと決めたきょんの邪魔をしてしまうわけで…
そんなことまで考えたりしたんだよ(´ ; ω;`)
だから怖くて聞き出せなかったww

あっ、でも
これでやっときょんと私の間にウソはないと思ってもいいんだよね?
と浮かれてた気持ちもあるけどw

だから不思議な気持ちだった
嬉しいような別の感情のような複雑な気持ち


>>153
性同一性障害に男の部分が残ってるってのは普通ないから安心しとけ
性同一性障害でレズもしくはバイなだけだろうからさ


>>154
そうだろうね><
このあとの話がまだあるんだけど
それからしてそう思うww

そうやって調子乗ってSNSに書き込みしてたら
きょんが私の授業に忍び込んできたwww

私「え、どうしたのww」

き「ぱみゅちゃんのお友達を直々に見にきました」

きょんはニコニコそう言ってたけど私はちょっと焦ったw

き「…あの子が○○ちゃん?……かわいいんだけど」

自慢なんだけど私の友達はみんな可愛いw
女のおせじとかそういうんじゃなくてマジで可愛いww
○○はトリンドルと道重によく似てるって言われるし、
その隣の△△はローラにそっくりww
あとの子は誰にそっくりとかは無いけどまぁ可愛い

き「…こんな可愛い子と毎日いたらさー…心p…いや、なんでもない」

私「なんなのきょんさんww」

とか話してたら道重とローラがきょんに気づいて
あんな美人(きょん)この学校にいたんだー!?とか言ってたから
なんか私まで鼻が高かったww私関係ないのにww
それなのにきょんは目も向けず
私の隣を陣取って離れなかった
私は道重とローラたちと少し離れてきょんと一番後ろの席に座った


157: ぱみゅ 2012/11/29(木) 21:14:15.80 ID:???0

私「きょんどうしたの?ww」

き「いや…ぱみゅちゃんがSNSによく友達と仲良くしてるようなこと書いてたから気になって…(´・ω・`)」

私「なにそれヤキモチwww?」

き「…うん(´・ω・`)」

内心すごく嬉しかったけど私は黒板を見る振りをして顔を引き締めたw

き「…ぱみゅちゃんの傍に毎日こんな可愛い子たちがたくさん居たらさぁ…」

私「大丈夫wwなんもないしwwwそれに中身はオヤジだからww」

き「…(´・ω・`)」

それからきょんのテンションはどんどん下がってって
溜息ばっかりついてたし落ち込んでたww
完全に調子乗った私が悪いと思って
私はプリントの裏に「ごめん(´・ω・`)」とだけ書いて渡したw
きょんはそれでも落ち込んでた

んで授業が終わって
薄暗くなった道をきょんとふたりで歩いて帰ってた


158: ぱみゅ 2012/11/29(木) 21:19:33.37 ID:???0

私「きょんさん元気だして(´・ω・`)」

き「…ごめんねぱみゅちゃん(´・ω・`)嫌な気分にさせたよね」

私「いや、私もヤキモチやいてほしくて…調子乗ってました…」

き「私は普通にヤキモチだってやくし、むしろ人より思いくらい好きになった人を愛しちゃう人間だよ。それでもいいの?」

私「だれに言ってんのwwぱみゅさんだよー?いいに決まってんじゃんww」

き「じゃあ証拠見せてw」

私「えww」

き「はやくー(`・ω・´)」

私「こういうときってこのあとキスして証拠見せるようなベタな展開しか思いつかないんですが?」

き「ベタだなー(`・ω・´)wwwじゃあいいよそれでww」

とか言ってたけど普通にそのへんチャリ走ってるwww
小学生も歩いてるwww

私「無理でしょwwwいまはwww」

き「じゃあ私からしていい?」

私「えwww」


159: ぱみゅ 2012/11/29(木) 22:31:03.62 ID:???0

私「今はダメでしょww人いるしww」

き「ぁ…、そうだよね(´・ω・`)ゴメン」

って言ってきょんはあっさり諦めた
なんだかんだできょんとキスはまだ一回しかしてなかったから緊張もしたw
で、近くの公園に寄って
暗くなって周りに人がいなくなるまで
ブランコに乗ったりして時間潰したww
どこの高校生カップルww

ブランコに乗るのお互い久しぶりすぎて
楽しくなって夢中にこいでた
そしたらきょんの長いマフラーがひらひらしてたので
私はひっかかったら危ないと思って取るように言った

私「きょん、引っかかったらあぶないよ?取りなよ」

き「…あ、うん…そうだね」

ってここできょんが喉仏を気にしてためらってることに気づいたw
全然そんなつもりじゃなかったから慌てて「あっゴメン」って言ってしまったww

き「いや、いいよ?ぱみゅちゃんは気をつかわないで…」

そしてきょんはマフラーを外した
なんだかんだできょんの喉を初めて見た
気にしてるっていう喉仏はそんなに気にならなかった
なんていうか、男でもそんな出てない人いるじゃない?あんな感じ
そんなことよりその首の白さにドキッとしてしまったww


160: ぱみゅ 2012/11/29(木) 22:37:42.65 ID:???0

き「なんかww改めて見られると照れるなぁww」

私「わっ…なんかガン見してゴメンww」

そんでなんかちょっと微妙な空気になったのに気づいたのか
きょんはブランコをこぐのをやめてマフラーを巻き直した

き「さっきの話…ww…証拠、の話になるんだけどww」

私「あwww」

き「私からしていいですかね?」

私「えwwwww」

き「私自分からしたことないんだ。…だからぱみゅちゃんにしたい」

正直そんなこと言われて断れないし
そもそも断るつもりなかった私だったけど
「仕方ないなぁww」とか偉そうな台詞を吐いて向き直った

私「…いいよ」

き「えwwなんか目開けてたらやり辛いよwwwとじてww」

私「…はい!」

そんで目を閉じると
私の肩におかれていたきょんの手が私の前髪をゆっくり掻き分けた
それがやけに緊張感を引き立て私はビクッとしてしまったww


161: ぱみゅ 2012/11/29(木) 22:43:23.34 ID:???0

私「うあwwゴメンwww前髪触られるの慣れてなくてww」

私は頑張ってまた目を閉じた
前したときは私からで、
しかも勢いに任せてのキスだったからさほど緊張はなかったけど
今回はやばかったww

そして周りの音が聞こえなくなって
私ときょんの息遣いしか聞こえないくらいの錯覚に陥って
私はきょんの顔が近づくのを感じた
またビクッてなったけどそのあとちゅってされたww
やっぱり柔らかいwww

私「wwwwwwwww」

き「えwwなんで笑うのwww」

私「いやwwwなんでかなwww」←緊張からです

き「私すごく緊張したし、今だってドキドキしてるのにー!(`・ω・´)」

私「私全然緊張してないけどwww」

とか言って緊張バリバリしてたのきょんにばれてたかな?

二回目のキスはこんな感じで幕を閉じたww


165: 私事ですが名無しです 2012/11/30(金) 14:30:45.66 ID:o+WS99a3P

初めてバイト先に行った時きょん大股開きだったでそ?
やっぱ地元やバイトでは男として過ごしてて、
 ぱみゅちゃんに会えなかったー」って話してたってことは
バイト仲間には普通に男として女の子を好きになったって話してたんかなぁ


>>165、166
考えられるのはきょんがバイだったってことかなぁ
たぶん地元やバイトの人には男として女の子を好きになったって言ってるんだろうけど
本当の心の内なんて誰も知らないw

ちなみにきょんが化粧や女の子の格好して学校行くことについては
ご両親は特に何も言わないそう。
やっぱ性同一性障害っていうのが世の中に広まりつつあるからかな、理解はあるみたい

地元はともかくバイト先では男として通さないと
女の子の格好しだしたのも高校卒業してからだったし
カミングアウトも出来ないままいきなり見た目が変わったわけだから気まずいんだって(´・ω・`)
ただ本当に信用できる親友が地元に二人いるらしく、
その人たちには打ち明けた(ってかばれた)らしいww
あとの同級生だとか知り合いはもうきょんは捨てるつもりで、
女の子の格好してるときに地元とかで出会っても
知らないふりしてるし相手も気づかないって言ってた
連絡も取らないつもりらしい
まぁもともと親友以外とはつるんでなかったみたいで深い付き合いの人はそんなにいないんだって
だから男として振舞ってるのはバイト先だけなのかなぁ?


167: 私事ですが名無しです 2012/11/30(金) 18:54:56.37 ID:???0

テレビにきゃりーが出てくると「ぱみゅちゃん!」って思うわ。待ちきれない…


>>167 >>168 >>169
まじかwww
なんか嬉しいよ…!
ファッションモンスターとかつけまつける踊ってって知らん人に言われるから頑張って習得するおww
あと街中歩いてると多いときは一日5、6人くらいに
きゃりーと間違われ声をかけられたり写メ撮られたりするww
でも顔は似てるんだけど私は金髪じゃなくて
ほとんど黒髪に近い茶髪なんだ
あとマツゲもあんなバサバサしてないww
だから一番似てる画像は家族と友人曰くこれらしいww

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3681985.jpg

ちなみに深キョンのは私的に一番きょんに似てる画像を選びましたww


>>175
おお、可愛い方のぱみゅじゃん似てるの
ぱみゅあれじゃん、よく見るとぶさいくじゃん、だけどそのぱみゅは可愛いからいいと思うよ

奇抜な格好はぶっちゃけダサいと思ってるよ!


>>178
なにその納得のいく解説!
なるほどわかりやすい(`・ω・´)

可愛い方なの?www
テレビに出てるきゃりーぱみゅぱみゅは自分のドッペルゲンガーすぎて似てる通り越して同じなんだwww
よく見なくてもそんな可愛い方じゃないでしょ?ww
だからなんとも思わんorz
つまるところブs

さて、続き書きます!

それから私はきょんにちゃんと謝って心配もなにもいらないことを話した
きょんも納得してくれたみたいでその後も仲良く二人で帰った

何も心配いらない、これからもずっときょんと一緒にいたい
きょんと居れるなら私は幸せ

ベタだけどそう思ってた
こんな幸せを感じられるのはきょんとじゃないと無理だと思ってた


>>175
おお、可愛い方のぱみゅじゃん似てるの
ぱみゅあれじゃん、よく見るとぶさいくじゃん、だけどそのぱみゅは可愛いからいいと思うよ

奇抜な格好はぶっちゃけダサいと思ってるよ!


posted by tomo at 03:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。